どうして毛穴の汚れができてしまうのか

毛穴の汚れはそもそもどうしてできてしまうのでしょうか。

普通にしていたら毛穴の汚れなんてできないような気がしますが、そうも言っていられないようです。

スキンケアやメイクをしていて、「この毛穴の汚れさえなければいいのに」と思ったことはありませんか?

私は鼻の毛穴の汚れがそれにあてはまります。

見るからに、鼻に毛穴の汚れができていて、いわゆるいちご鼻になってしまっているんです。

こうなるとメイクをいくらしてもごまかすことはできません。

メイクをした後に、鼻の毛穴の汚れが浮き出てきてしまって、毛穴の汚れが誰が見てもわかるようになってしまっています。

こうなると、もう恥ずかしくて仕方ありません。

人にこんな姿を見られてしまうのかと思うと、どうしようもない気持ちでいっぱいになってしまいます。

さて、話はちょっと本題から離れてしまいましたが、話を戻したいと思います。

どうして毛穴の汚れはできてしまうのでしょうか。

これには日々のスキンケアなどが関係してくるそうです。

毎日のクレンジングや洗顔で、毛穴の汚れが十分に落としきれていないと、肌の表面にある皮脂とまじりあって毛穴の汚れにいずれなってしまうということがあるそうです。

洗顔する女性

毎日、軽い気持ちで洗顔をしていたものが毛穴の汚れの原因を作ってしまっているということですから、これはきちんとクレンジングや洗顔をしなくてはいけないということになると思います。

また、毛穴の汚れができてしまうのはこれだけではありません。

皮脂が出やすい体質や時期などに、その皮脂が毛穴の汚れとして蓄積されてしまうということがあるそうです。

そういったことで、やがて毛穴の汚れとして出来上がってしまうので、お肌の皮脂には十分注意する必要があるようです。

これらが毛穴の汚れができてしまうといわれている原因ですが、毛穴の汚れのケアをした後は、かならず、化粧水や美容液で毛穴を引き締めることを忘れないようにすることが大切です。

せっかくケアしたのに毛穴をそのまま放置してしまうとなると、毛穴が開いたままになってしまい、また同じことの繰り返しになってしまいますので、毛穴を引き締めるということは忘れずに行うようにしていきましょう。