毛穴の汚れができてしまう原因は何か

毛穴の汚れってとても気になりますよね。

毛穴の汚れがどうしてできてしまうのか疑問に思ったことはあるのではないでしょうか。

毛穴の汚れが溜まると黒ずんでしまって、メイクをしても、その黒ずんだところだけが強調されてしまって隠せないといったことが起こってしまうことがあると思います。

毛穴の汚れがどうしてできてしまうのかを今一度見ていきたいと思います。

毛穴に汚れができてしまう原因として、皮脂が過剰に分泌してしまっているということが考えられます。

口まわりなどのUゾーンと呼ばれる場所や鼻やおでこといったTゾーンと呼ばれる場所は、乾燥肌の方でも皮脂が多く分泌される場所として知られています。

そのため、皮脂が過剰に分泌することで、毛穴に汚れが溜まってしまうといったことが考えられます。

毛穴に汚れが溜まらないようにするためには、皮脂が過剰に分泌しないようにする努力が必要なのかもしれません。

お肌が気になる女性

そのほかには、年齢を重ねると、お肌のハリや弾力が低下してしまいます。

これも毛穴に汚れが溜まってしまう原因の1つです。

お肌のハリや弾力が低下してしまうと、毛穴が開いてしまって、汚れが毛穴に溜まりやすくなってしまいます。

そうならないようにするためにも、年齢を重ねてもハリや弾力のあるお肌になるように努力する必要があるのではないでしょうか。

毛穴の汚れに関係なく、ハリや弾力のあるお肌にいつまでもいたいと思うのが女性だと思いますので、毛穴の汚れ対策を含めて、ハリや弾力のあるお肌を目指すのがよいと思います。

また、年齢を重ねると、お肌がかたくなってしまうそうです。

これはどうして起こるのかというと、お肌のターンオーバーが年齢を重ねると遅くなってしまうため、落ちなければいけない角質がお肌に残ったままになってしまい、それがお肌がかたくなってしまう原因となってしまうというわけです。

やはり、年齢を重ねるとどうしてもお肌に若い頃に比べて影響が出やすくなってしまうのではないでしょうか。

そういったことがないようにするためにも、お肌のケアは年齢を重ねれば重ねるほど、必要になるのではないでしょうか。

ちなみに、毛穴の汚れのケアをした後は、しっかりと毛穴を引き締めてあげないと、毛穴が開きっぱなしの状態になってしまい、毛穴によけいに汚れが溜まってしまうので気をつけてください。

 

どうして毛穴の汚れができてしまうのか

毛穴の汚れはそもそもどうしてできてしまうのでしょうか。

普通にしていたら毛穴の汚れなんてできないような気がしますが、そうも言っていられないようです。

スキンケアやメイクをしていて、「この毛穴の汚れさえなければいいのに」と思ったことはありませんか?

私は鼻の毛穴の汚れがそれにあてはまります。

見るからに、鼻に毛穴の汚れができていて、いわゆるいちご鼻になってしまっているんです。

こうなるとメイクをいくらしてもごまかすことはできません。

メイクをした後に、鼻の毛穴の汚れが浮き出てきてしまって、毛穴の汚れが誰が見てもわかるようになってしまっています。

こうなると、もう恥ずかしくて仕方ありません。

人にこんな姿を見られてしまうのかと思うと、どうしようもない気持ちでいっぱいになってしまいます。

さて、話はちょっと本題から離れてしまいましたが、話を戻したいと思います。

どうして毛穴の汚れはできてしまうのでしょうか。

これには日々のスキンケアなどが関係してくるそうです。

毎日のクレンジングや洗顔で、毛穴の汚れが十分に落としきれていないと、肌の表面にある皮脂とまじりあって毛穴の汚れにいずれなってしまうということがあるそうです。

洗顔する女性

毎日、軽い気持ちで洗顔をしていたものが毛穴の汚れの原因を作ってしまっているということですから、これはきちんとクレンジングや洗顔をしなくてはいけないということになると思います。

また、毛穴の汚れができてしまうのはこれだけではありません。

皮脂が出やすい体質や時期などに、その皮脂が毛穴の汚れとして蓄積されてしまうということがあるそうです。

そういったことで、やがて毛穴の汚れとして出来上がってしまうので、お肌の皮脂には十分注意する必要があるようです。

これらが毛穴の汚れができてしまうといわれている原因ですが、毛穴の汚れのケアをした後は、かならず、化粧水や美容液で毛穴を引き締めることを忘れないようにすることが大切です。

せっかくケアしたのに毛穴をそのまま放置してしまうとなると、毛穴が開いたままになってしまい、また同じことの繰り返しになってしまいますので、毛穴を引き締めるということは忘れずに行うようにしていきましょう。