どうして毛穴の汚れができてしまうのか

毛穴の汚れはそもそもどうしてできてしまうのでしょうか。

普通にしていたら毛穴の汚れなんてできないような気がしますが、そうも言っていられないようです。

スキンケアやメイクをしていて、「この毛穴の汚れさえなければいいのに」と思ったことはありませんか?

私は鼻の毛穴の汚れがそれにあてはまります。

見るからに、鼻に毛穴の汚れができていて、いわゆるいちご鼻になってしまっているんです。

こうなるとメイクをいくらしてもごまかすことはできません。

メイクをした後に、鼻の毛穴の汚れが浮き出てきてしまって、毛穴の汚れが誰が見てもわかるようになってしまっています。

こうなると、もう恥ずかしくて仕方ありません。

人にこんな姿を見られてしまうのかと思うと、どうしようもない気持ちでいっぱいになってしまいます。

さて、話はちょっと本題から離れてしまいましたが、話を戻したいと思います。

どうして毛穴の汚れはできてしまうのでしょうか。

これには日々のスキンケアなどが関係してくるそうです。

毎日のクレンジングや洗顔で、毛穴の汚れが十分に落としきれていないと、肌の表面にある皮脂とまじりあって毛穴の汚れにいずれなってしまうということがあるそうです。

洗顔する女性

毎日、軽い気持ちで洗顔をしていたものが毛穴の汚れの原因を作ってしまっているということですから、これはきちんとクレンジングや洗顔をしなくてはいけないということになると思います。

また、毛穴の汚れができてしまうのはこれだけではありません。

皮脂が出やすい体質や時期などに、その皮脂が毛穴の汚れとして蓄積されてしまうということがあるそうです。

そういったことで、やがて毛穴の汚れとして出来上がってしまうので、お肌の皮脂には十分注意する必要があるようです。

これらが毛穴の汚れができてしまうといわれている原因ですが、毛穴の汚れのケアをした後は、かならず、化粧水や美容液で毛穴を引き締めることを忘れないようにすることが大切です。

せっかくケアしたのに毛穴をそのまま放置してしまうとなると、毛穴が開いたままになってしまい、また同じことの繰り返しになってしまいますので、毛穴を引き締めるということは忘れずに行うようにしていきましょう。

メイクでも毛穴の汚れは隠せない

スキンケアやメイクをするときに、鏡を見る機会ってあると思います。

そういったときに、自分の顔に毛穴が手に取るように見えてしまったらショックを隠せないと思います。

私もある日、鏡をじっくり見た時に、頬あたりに毛穴の汚れを確認できて、ショックを受けたことがあります。

毛穴の汚れって目立ちますよね。

普段メイクをしていて毛穴の汚れをごまかしていても、メイクしてからしばらくすると、その部分だけ浮くというか、毛穴の汚れがわかるようになってしまいますよね。

「せっかくメイクをしたのに、毛穴の汚れが見えてしまった!!」

というような経験がある方も多いのではないでしょうか。

メイクをしても毛穴の汚れが浮き出てしまうということは、つまりメイクで毛穴の汚れを隠すことは難しいということになると思います。

メイクでそういった部分を隠そうとしても限界があるというわけですよね。

メイクで毛穴の汚れが浮いてしまったから、それを隠すためにさらにファンデーションを塗って厚塗りになってしまったということもあるかと思います。

メイクは厚くなるし、そのようにしてもそのうち、毛穴の部分がまた浮いてくるしで、メイクを厚塗りしてもあまり意味がないものだと感じることがあるのではないでしょうか。

どんなにメイクを厚くしても、結局は毛穴の汚れをメイクで隠すことはできない都いうことになると思います。

何かに気が付く女性

そういったことから考えると、毛穴の汚れをキレイにすることが根本的な解決策になるのではないでしょうか。

毛穴の汚れを放置して、そのままにしておいても何も良いことはありません。

毛穴の汚れがメイクをしても浮き出て見えてしまいますので、毛穴の汚れを改善しなければ解決策にならないと思います。

毛穴の汚れについては、毛穴を引き締めてあげることが必要です。

毛穴が開いてしまった状態のままだと、汚れが溜まりやすくなってしまいます。

毛穴の汚れをこれ以上増やさないようにするために、毛穴を引き締めることを意識していきましょう。

 

毛穴の汚れはどうしたらいいのか

皆さんは、毛穴の汚れに悩んだりしたことはありませんか?

私は中学生か高校生ぐらいから、小鼻の毛穴の汚れに悩んでいます。

小鼻の汚れってなかなか落ちないんですよね。

鼻

当時、流行ったビオレの鼻パックを使って毛穴の汚れがごっそり取れた時には、それは感動しました。

「こんなに毛穴の汚れがあるんだ!!」と思ったものです。

毛穴の汚れが鼻パックを使うと、気持ち悪いぐらいたくさん取れるんですよね。

あれはある意味快感を覚えて、繰り返しするようになりますよね。

ところが、毛穴の汚れというものは、実はそういった鼻パックを使って毛穴の汚れを取ったりしてはいけないということが最近では考えの主流となってきました。

鼻パックを使うと、毛穴が開いてしまって、さらに毛穴に汚れが溜まってしまうそうです。

毛穴の汚れをケアした時には、化粧水などでしっかりお肌に潤いを与えてあげて、毛穴を閉じる必要があるみたいです。

そういったことを聞いて、少しゾッとしました。

今まで鼻パックで毛穴の汚れが取れていたのを喜んでいた自分はいったい何だったんだろうかと・・・。

ということで、毛穴の汚れに関しては、最後に毛穴を閉じてあげる必要があるようです。

これはきっと小鼻の汚れだけでなく、他の部分の毛穴の汚れに関しても、共通して言えることなのではないでしょうか。

毛穴の汚れというものは、鼻だけでは当然ありません。

お肌の色々な部分に毛穴の汚れというものが出てくるかと思います。

たとえば、頬あたりなど、毛穴の汚れは出てくることが多いと思います。

そうした時に、毛穴の汚れをいかに処理というか対応するかどうかがポイントとなってくるのではないでしょうか。

毛穴の汚れは先ほど書いたように、毛穴の汚れを取ったとしても、毛穴を閉じなければ意味のないものとなってしまいかねません。

毛穴の汚れをしっかりとケアするためには、最後に毛穴を閉じるということを意識して毛穴のケアをしていく必要があるかと思います。

是非、毛穴の汚れについてはそれらを意識してもらえるといいかと思います。